月は神秘なモノ。

そして新月に
財布を使い始めると良いだとか
願い事が叶うだとか

もろもろのパワーを
調べてみました。

スポンサードリンク

スピリチュアル的な
こういった精神世界の事は
詳しくは知りませんが、

実際に叶ったという人も
ちらほらといるみたいですし、

叶うのであれば
お願いするにこした事は
ありませんよね。

ってそんなスタンスじゃダメか。

財布を使い始めると良い?

新月には
これから光を受けて
満月に向かって満ちていく事から

「始まり」や「成長」を意味し、

あるいはまた、
過去の嫌な自分などを
「リセット」する
タイミングにも良いのだとか。

そんなこんなで、
成長を意味する事から

「お金を増やす」という意味でも
効果が期待できるので、
財布を使い始めるのも良いのだとか。

新月が満月に向かって
日に日に光が満ちていくように

自分の金運も
これからどんどんアップしていく
というイメージです。

よく財布を買う時には「春」と
「(札束で財布が)張る」に掛けて
この季節に買うと良い
というのは聞いた事がありますが、

今回の場合は

新月に財布を買うと良い
って意味では無く、
「財布を使い始めると良い」
という事なので、

新品の買った財布を
引き出しなどに入れて保管しておき、

新月のタイミグで
使い始めるとバッチリ

という事です。

また保管しておく際には
出来るだけ多くの札束を入れて
保管しておけば、

財布がいい意味で勘違いして

その金額ぐらいは常にあるんだと
錯覚してくれるので、

出来るだけ財布パンパンに
お札を入れておくと
より効果的だそうです。

スポンサードリンク

願いが叶う?

先ほど新月は
「始まり」や「成長」を意味し

あるいはまた、

過去の嫌な自分などを
「リセット」する
タイミングにも良い
という事を書きましたが、

とどのつまり、

新月に願い事をすると
叶いやすいと言われています。

しかし、

その願い方にいくつか
ポイントがあるようでして、
全ての事が100%達成できる

という事でもないようですが、

実際に叶ったという人もいるので
叶いやすいのは間違いないようです。

さてさて、

ではポイントを
ざざっと解説していきます

<願い事のポイント>

  • 手書きで紙に書く
  • 2個以上10個以内
  • 内容を考えるのは新月になってから
  • 新月より前に実行すると、
    月の光が満月から
    消えていく方に向かっているので
    効果がありません。

    なので、
    新月になってから行います。

  • 新月から遅くとも48時間以内
  • また、8時間以内にすると
    効果がより大きいのだとか

  • 「私は~」という主体で書く
  • 他人では無くて
    自分の事を書きます。

  • 否定は使わずに肯定的な言葉を使う
  • 「失敗しない」とかではなく
    「成功する」という風に書きます。

  • 願望ではなく完了
  • 「~なりますように」ではなく
    「~になります」と書く

    また、その際に
    「簡単に」とか「余裕で」とか
    楽に達成しているような
    言葉を入れると良いようです。

    以上がポイントです。

    そして、
    願い事を書いた紙は

    達成したからと言って捨てないで
    引き出しなどに
    置いておくようにとの事です。

    最後に

    まあなんていうか、
    そもそも論にもなりますが

    宝くじ当てたい!
    っと強く願っていても
    そもそも宝くじを買わないと
    当たる事は無いように

    願っただけで終わりとか
    紙に書いただけでは

    やはり叶わないと思います。

    その為の行動を起こして初めて
    「叶えられる状態」に
    なるのかなと思っています。

    つまるところ、

    もう後は神頼みならぬ
    月頼み状態なほどに
    頑張っているのであれば
    それはきっと叶います。

    ではでは、

    最後まで読んで頂き、
    ありがとうございました。

    PS
    願い事をする時間も関係あり、

    「ボイドタイムは
    避けるようにする」
    という事も重要です。

    ボイドタイムについては
    関連記事をご覧下さいませ。