満月とは?
という事を改めて問い、

その意味だとか
満潮との関係なども
まとめてみました。

スポンサードリンク

もの心ついた時から
身近にあったものであり、
聞いた事ある言葉でしたが、

改めてそのしくみだとかを
調べてみました。

満月とは?

まずはざっくりと言いますが、

満月とは?
太陽と反対側に月がある状態。

いわば「太陽←地球(人間)→月」と
このような状態なので、

太陽の光を浴び、
明るく照らされているので
真ん丸な姿を見る事が出来ます。

これがしくみ的な
なぜこうなるのかという事です。

そして新月は逆に

「太陽←月←地球(人間)」
という感じで、

太陽と同じ方向にあるので
太陽の明るさに負けて
(地球側からは光を浴びてないので)
見えない状態です。

スポンサードリンク

満月の意味

自分で言っておきながら、
何を持って意味とするのか?

という自問ループに
ハマッてしまいましたが、
何とか脱出。

そんなこんなで

満月は別名で
「望」(ぼう)や
「望月」(もちづき)
と呼ばれています。

そして、「もち」は「持ち」で
「つり合っている」という
意味を持っているのだそうです。

先ほど

月と太陽が正反対に
位置している状態だと
書きましたが、

昔はそれを「つり合った」と
表現してたんですね。

その「もち」に
「望」の感じが当てられて
「望月」となった。

という展開です。

この他にも
真ん丸に見えて左右対称
=つり合っている

という事から来ているなど
諸説あるようです。

ちなみに、

占星術の世界
いわゆるスピリチュアル的には

一番光を浴びる時
つまりピークを迎える事から

満月には「達成」や
「完了」という意味が
あるそうです。

満潮との関係

まず満潮は
海水面が最も高くなる時の事で、
これは月の引力もそうですが、
主に地球の自転が関係しています。

満月が関係しているのは
どれかと言えば
その満潮と干潮の差が大きい事を指す
「大潮」に関係しています。

これも先ほどの事と
関係してきますが、

ざっくり言うと、
月と太陽と地球が並ぶので
それぞれの引力が関係しあって
海面の高低差が大きくなり、

それはつまり
満潮と干潮の差が大きくなる事で
ゆえに「大潮」となります。

海面の上下動にも
関係してるんですね。

まとめ

という事で、
いろいろ書いて来ましたが、

満月とは
地球と反対側に
月がある状態の事で

「望」という別名があり、

それは「つりあっている」
という意味の「持ち」から
来ているという説。

また、

スピリチュアル的には
「達成」などの意味がありました。

そして

潮の満ち引きに関係しており、
その引力によって
満潮と干潮の差が大きい
大潮になる原因という事でした。

それでは、

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。