スーパームーンと共に、
現在ではすっかり有名になった
お馴染みの天体イベント。

2015年は7月でしたが、

その次のブルームーンは
2016年○月○日です。

スポンサードリンク

~~~~~~~~~~~~~~~
<追記>
ブルームーン2016は過ぎ、次回のブルームーンは2017年ではなく2018年となっています。詳しくはこちらの記事をご覧ください→ブルームーン2018
~~~~~~~~~~~~~~~

月への、ひいては天体への
関心が増えた今日この頃ですが、

それに伴い、

金運だとか恋愛運など
スピリチュアル的な事にも
影響がありますよね。

今回はそんな中でも珍しい現象

「ブルームーン」の日付を
チェックしていきます。

次のブルームーンはいつ?

ブルームーンには
3つの定義がありまして、

直近の奴では
「1ヶ月に2回満月がある2回目」
こちらの方の定義による
ブルームーンが、
2015年7月30日にありました。

そして同じ定義によるモノは
次回は3年後の
2018年1月1日までないのですが、

次回のブルームーンは
(今回紹介するブルームーンの日付は)
前回とは違う定義によるモノです。

そんなこんなで、

タイトルからもう
引っ張りまくっているので
そろそろ本題へ行きましょう。

スポンサードリンク

次回のブルームーンは2016/5/21!(日本では5月22日)

ってな訳で、

次のブルームーンはいつ?
それは2016年5月21日です!
(日本では5月22日です)

こちらの方の定義は

「一つの季節に4回
満月がある時の3回目」です。

1年を春夏秋冬と
4つに区切った時には
1つの季節は3か月になります。

そして満月は通常
1ヶ月の間に1回なので

普通であれば
ワンシーズンに3回と
相場は決まっております。

しかし、

うるう年の関係で
1つの季節に4回の年が
存在します。

2016年は
春分が3月20日で
夏至が6月21日

その間に
3月23日
4月22日
5月22日
6月20日

っと満月の日が4回あり、

その3回目が5月22日
となっています。

この間隔はほぼ3年に一回で、
前回のこの定義による
ブルームーンは
2013年8月21日でした。

あれからもう3年の
月日が流れたと

そういう感じです。

そして

真ん丸がピークの時間
つまり見頃の時間ですが、
5月22日の6時15分です。

つまり21日の夜
ひいては深夜を通り越し、

翌日の朝って展開です。

なのでまあ
5月21日の夜に
月を見たらもうそれで満足。

かと思いきや!

実は日本の月例カレンダーを見ると
満月の日は翌日の
2016年5月22日
となっています。

5月21日は月齢14.3
5月22日は月齢15.3
(月齢は標準時正午の値)

なので22日の夜の方が
より真ん丸には近い
という事みたいなのです。

しかし、

真ん丸になる前となった後では
そのパワーのもつ意味が
違ってきますからね。

という屁理屈、
こじつけはさて置き、

これは世界時と
日本標準時間の「時差」から
来るものですので、

世界時間なら5月21日で
日本時間なら5月22日となります。

「ブルームーン」という概念は
日本生まれではないので、
まあグローバル社会ですし
世界基準の時間で楽しみたい人は
21日に楽しむ感じで、

いやいや、
日本人なんだから日本時間でしょと
5月22日の満月で楽しむのも
もちろんOKです。

そして、

ブルームーンに続きまして、
「スーパームーン」も気になる方は
こちらも併せてお読みください。
スーパームーン2016年はいつ?

最後に

まあふと思うのが
ブルームーンの定義が
被ってるよねって事ですよ。

単純に考えて
ワンシーズンの3か月間に
4回あるって事は
必ずどこかの月では2回あるよね

っと思い、
僕は気になったので調べて見ますと。

「二至二分」
ってのがポイントで

季節を
冬至から春分まで
春分から夏至まで
夏至から秋分まで
秋分から冬至まで

っと分けた時に、

冬至から春分までの時に
年をまたぐので

西暦としては
変わっているのですが、
季節としては変わっていない
という事になります。

なので、1ヶ月に一回でも

季節で区切った時には
ちゃんと3回になっています。

少しややこしいですが、

まあここらへんはもはや
徹底して気になった人向けなので

単純にブルームーンの
日付だけを知りたかった人には
関係ないですよね。

では、

最後まで読んで頂き、
ありがとうござました。

PS
来年はどうなっているのかが
もはや気になっちゃっている人は
こちらをご覧ください
スーパームーンとブルームーン2017年は・・・

某南の家よろしく
「過度な期待をしないでください。」