次回の日本で観られる
皆既月食や部分月食について

日付と時間、

そして観測できる場所など
もろもろまとめています。

スポンサードリンク

つっきがー
くっわれーたー
つっきがー食われたー
っあよーいよ-い

という事で、

気になる次回の月食の
日付と時間を
チェックしていきましょう!

部分月食は2017年8月8日

無駄に情報を引っ張って
最後にドドンッ!

みたいな発表の仕方は致しません。

いきなり結論をズバッと
ぶちくらせますが、

時間の部分月食は
「2017年8月8日」で、
日本全国で見られます。

いや~日本全国津々浦々と、
どこでも拝めるのは非常に嬉しいですよね。

そして、

時間としては未明で、
「午前2時23分から始まり、
3時21分に最大となり
4時19分に終わり」だそうです。

もうゴリゴリの夜行性を発揮していますよね。

ちなみに食われる範囲は、
月の4分の1ぐらいなのだそうで、
まさに部分月食です。

この日の曜日は火曜日と、
平日ではありますが、

夏休みという人もいるかと思いますので、
遅くまで起きていても問題ない
って場合もあるかと思います。

夜更かししちゃえしちゃえ

次回の皆既月食は2018年1月31日

さてさてお次は
すべてがまるっと食われている現象ですが、

次回の日本で観られる
皆既月食の日付は
2018年1月31日

新年を迎えて、
1ヶ月ぐらいしたら月食です。

そんな日に
どこで観られるか?
と言うその場所ですが、

場所は日本全国
津々浦々どこでも観られます。

つまり自宅にいながらして
皆既月食を楽しめる
嬉しい感じです。

なんとも嬉しい条件。

また、
全国で観られるのは実に
3年ぶりとなります!

そして見頃なども含め
その時間ですが、

月食の始まりは20時48分

皆既月食になるのが21時51分で
最大が22時30分となり、
皆既月食の終わりが23時08分

そして終わりが
2月1日なった0時11分です。

なので見頃は
1時間以上も皆既月食となる
「21時51分~23時08分」

1時間以上も見頃なので
逆にだれるかも(笑)

でもまあ

この日は平日の「水曜日」
となっていますので

少し遅くまで残業があっても、
見逃してしまうという風に
なんら焦る事は無く

十分にたっぷりと楽しめます。

スポンサードリンク

その次は日本でいつ見られる?

先の先まで気になる
そんな棋士のようなあなたに
ここまで読んで頂いた
スペシャルボーナス

って訳でも無いですが、

単純に僕も気になりまして
調べました所、

その次に
日本で観られるのは
2018年7月28日

つまり2018年には
2回月食があります。

しかし!

今回は日本全国で
観られるわけでは無くて、

関東から西側にいくほど
条件が良くなり、
皆既月食を拝めますが、

関東から東側では
部分月食となってしまします。

なので

北海道や東北にお住まいで、
全て覆い隠される様子を
肉眼でガン見したい方々は
西への移動を余儀なくされます。

とはいっても

2018年1月31日に
観られますので、
わざわざ見に行か無くとも
いいかとは思います。

ですがまあ

2018年7月28日は
「土曜日」なので
関西や九州、沖縄の方面へ
旅行がてらに移動も

可能かと思います。

以上です

って事で
次回の月食について
まとめてまいりました。

日本全国津々浦々で
観られるのはやはり良い感じ。

平日とはいえ

時間帯的にも
次の日に影響しない程度の
見頃を迎えますし、

何とも良い感じです。

ではでは、
ここまで読んでくださって
ありがとうございました!