珍しい月の現象
「ブルームーン」
(*スーパームーンでは
ありません)

2015年は7月31日だけ。

最も見頃な時間帯などの
情報をチェック!

スポンサードリンク

最近になって
聞く事が多くなったので
混乱している人も
いるかもしれませんが

実際は青くないですが、

今回書いているのは
青い月の方です。

ブルームーン2015/7/2・31

実はブルームーンには
複数の定義があり、

今回定義する所の
ブルームーンは
「ひと月に(同じ月に)
2回満月の日がある」

こちらの現象の方の
ブルームーンです。

満月の日というのは

ほとんどの場合は
月に1回なのですが、
閏年の関係で

おおよそ3年に1度
ぐらいの間隔で

月に2回
満月になる月が
存在しています。

そんな

「3年に一回」という
珍しい現象の
ブルームーンが

2015年は
7月2日と31日

その2回目の満月

今回で言えば
31日の方の満月が
珍しい現象なので

「ブルームーン」と
言われています。

スポンサードリンク

ブルームーン2015の時間帯

さてさて、
流星群ならば

見頃の時間帯という感覚は
何となく分りますが、

月の見頃の時間帯
というのは
なんだか自分でも
違和感があります(笑)

まあでも

一番丸い時間
=満月になる瞬間
=ピーク

これを「月の見頃」と
そう言う事です。

という訳で、

一番月が丸くなる時間は
「19時43分頃」です。

そしてまた、

月が見える方角は
「東南東」です。

お家によっては
マンションがある・・・
ベランダが逆・・

みたな事もありますが

あらかじめ方角を
知っておけば
いざと言った時でも
対処できると思います。

さてそして

一番見頃の時間は
20時よりも少し前

仕事の帰宅途中だったり、
あるいは仕事中だったり、
夕食の最中だったり、
テレビを見ている時だったり

様々シチュエーションの人も
いると思いますが、

この19時43分頃には
ふと空を見上げ、

満月もとい
ブルームーンを是非
眺めて欲しいと思います。

とはいっても、

この時間を見逃したら
ダメって事では
当然ありませんので

なにも

時計を片手に
今か今かと
待ち構えていなくとも

8時までには一回
空に目をやり、月を眺める

ぐらいの間隔でいれば
いいと思います。

次のブルームーン

さてさて、
2015年のブルームーンは
7月31日だけと

先ほど言いましたが、

今回の条件の
ブルームーンが
次回見られる日付

つまり次のブルームーンは
2018年1月2・31日
2018年3月2・31日

「3年に1度」の文字通り
次回は3年後ですが、

2018年はなんと!

2回もブルームーンが
見られます。

これは嬉しい。

今回の2015年を
見逃してしまっただとか
事情があって見れない
と言った人でも

3年間待っていただければ

2回みられるチャンスが
やって来るので、

これぞまさしく
「待ったかいがあった」
と言うもんですよ。

最後に

という訳で、
まとめていきますと

ブルームーン2015年は
7月31日金曜日
方角は東南東
時間は19時43分ごろ

ぜひ月に注目して下さいね。

そして次回は2018年に
2回みられます。

ではでは、

今宵は夜空を見上げ、
珍しい月の現象を
お楽しみ下さい。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。