財布選びって
気にし始めてしまうと
とことん気になってしまいます。

今回はそんな時に使える

風水的に金運に良いとされる
財布選びのポイントとして、

色や素材の意味などを
まとめてみたので、
ぜひ役立てて下さい。

スポンサードリンク

金運というのは
生活と直結しているだけに
とても気にしてしまいますよね。

そんな中で

金運をアップする
財布そのものに関する情報を

ここでまとめたいと思います。

金運財布の色や素材は?

やはり最初は気になるのが
この事ですよ。

「結局の所、
金運が上がる財布って
一体どんな奴ですか?」と

まあそう言う訳で
いろいろ調べてみました。

ですが、

色や素材の意味を
ひも解いて行ったところ、

個人個人によって
その人によってベストな財布があり、
一概にこれが最強の金運財布だと
言えない感じなのです・・・

なので全ての人にとって
とまでは行きませんが

暫定的にといいますか
一般的に金運に良いとされている
財布をご紹介します。

って事で、気になるその財布は

金運に良い財布は
「長財布で色はベージュか茶色で
素材は牛革」

ベージュや茶色はお金が好む
「土」のカラーで

牛革には貯蓄運がありますので、

いろいろな情報をまとめた結果
これが一般的に最も
「ベター」といいますか、
金運的には良い財布だと思われます。

とはいっても、
自営業や経営者など
今の仕事との関係だったり

今の金運を変えたいとか
借金を返したいとか

いろいろ状況があると思うので

それぞれの状況や
得たい効果、期待する効果にあった
財布を選ぶことが大切です。

ですから、

ここは非常に
重要なポイントなのですが、

「財布」自体が
金運を持っているのではなくて
その財布を使う「自分自身」が
金運体質になれるか、

ひいては、

自分が今持っている
お金に関しての得たい効果を
ちゃんと得られる財布を
しっかり選べているかどうか?

ここが非常に重要なポイントです。

それを選べてこそ
その財布があなたにとっての
「金運財布」になります。

この意識は
決して忘れないで下さい。

では、

次から書いてある
財布の色と素材の持つ
それぞれの意味を踏まえて

あなたにあった財布を
チョイスしてみて下さい。

スポンサードリンク

風水的な財布の色や素材の意味

という事で、ここからは
色と素材について
ざざっとまとめておりますので

ご自身の得たい効果を踏まえつつ、
選んで行って下さいませ。

「色」の意味

まず財布で避けたい色は
「赤」と「オレンジ」です。


金運を燃やしてしまう事から
これらは「貧乏財布」とまで
言われているので

避けた方が良いです。

ではお次から
色の持つ意味を見て行きます。

<緑>

緑は色自体に
金運アップの効果は
無いようです。

「お金を呼び戻す」という
再生の意味はあるそうですが、
その分働かないと
お金が入ってこないそうです。

<青>

青も色自体に
金運アップの効果は
無いようです。

なのでお金が入ってくる
という事はありません。

しかし、衝動買いや
無駄遣いなどを抑えてくれる
節約の色ではあります。

ですが、

水の如くお金も流れやすくなり
毎月ギリギリな生活の人には
不向きみたいです。

<ピンク>

ピンクの財布はお金よりも
人間関係を良くする色
っとされています。

しかし「金運を育てる色」
ともされていて

夢や目標といった
何か成し遂げたい事の為に
お金を貯めたい人には
良い色のようです。

<紫>

紫も金運というよりかは
ステータスを上げてくれる色
っとされています。

なので出世したい人には
オススメだそうですが
お金が付いてくるまでには
時間がかかるのだとか。

<黄色>

「金運は黄色」ってイメージ通り、
金運は上がりますが、

財布にとって、実は
お金の出入りが激しくなる色
とされています。

なので黄色を選ぶ場合は

山吹色など、
鮮やか過ぎない色が
良いそうです。

<ゴールド>

こちらのカラーも人気ですが、

入るお金よりも
良い買い物が出来るなど
お金の使い方が上手になる色
とされています。

そして、
ギャンブルが好きな人には
不向きな色のようです。

<ベージュ>

お金が好むカラーなので、
最も無難(ベター)であり
おすすめな色ですので

いろいろ迷ったり

特に得たい効果などはなく
単純に買い換えようと思う人は
この色がおすすめです。

茶色

土と金との相性が良いので
金運にとっても良い色
とされています。

先ほどのベージュもそうですが
こういった茶色系の色は
貯蓄運を上げる色だそうで、

お金を貯めたい人には、
おすすめの色だそうです。

<黒>

黒色は
「お金を守る色」
とされていて

ビジネスで成功している人や

既にある程度貯金がある人には
向いているようです。

<白>

白はリセット効果が
高いそうです。

なので
金運を変えたい人には
おススメな色のようです。

また、

お金を貯める力がある
ともされていますが、

汚れが目立つ色なので、
常に綺麗に保つ事と
買ってすぐに使用しない事が
ポイントみたいです。

そうしてしばらく経過させると

お金が入ってくるようになる
色なのだとか。

風水的な財布の持つ素材の意味

素材に関しては

とにもかくにも
「本革の財布」が
おすすめです。

なので

革で出来ている事に
こだわった方が良い感じです。

また、

「自然な光沢」のある
財布が好ましいのだとか。

という事を踏まえつつ、

さっそく次からは
素材別に見て行きましょう。

<牛革>

牛革はお金が貯まる
「蓄財」という意味があるので、

貯金したい人に向いています。

<ヘビ革>

こちらは財を築くと言う意味で
ビジネスチャンスに
恵まれる素材だそうですが、

大きなお金が入る反面、
出る力も大きいので

注意が必要です。

<ワニ革>

ワニ革には
「今の金運を維持する」

という意味があるようです。

なので金運を変えたくない人や
現在お金に関して
不満の無い人向きです。

オーストリッチ革
(ダチョウの革)

風水的には
「増やして貯める力がある」
っと言う情報や

「金運には影響しない」
って情報もありました(笑)

なので良くわかりません・・・

あしからず。

最後に

家に帰って来た時、

財布はカバンに
入れたままにするのではなく

カバンから出して
「北側」に保管しておくと
良いそうです。

鞄に入れたままだと、

鞄の持つ「動エネルギー」が
財布にうつってしまい、

財布が動きたくなる

つまり、

お金が動きやすくなり、
財布から出て行く的な展開に
なってしまうのだとか。

なので、

鞄から財布を出す事で
無駄遣いなどが抑えられます。

また、金運は
「西で呼び込んで北で貯める」
というのが基本だそうで、

財布は北側に保管するのが
良いようです。

そして財布の他にも、
通帳なども北側に置くと
良いそうです。

ではでは、

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。