今回は春財布のあれこれ。

方角とか何日間だとかの
保管場所から下ろす日など

もろもろの
「おろし方」について
いろいろ書いて行きます。

スポンサードリンク

財布一つとっても
いろいろとその作法的な事が
存在している的な感じで

右往左往してしまいますが

まあつまるところは
自分の気の持ちようなので
そこまで気にしなくても大丈夫です。

春財布の保管場所!方角や日数は?

とまあ気にし過ぎるのは
いけないとは言いつつ、

やはり納得というか、
すっきりと使い始めたい事も
心情としてはあると思いますので

いろいろ見ていく訳ですが、

まず春財布の保管場所で
方角は「北」です。

金運と聞くと
西をイメージする人も
多くいると思われますが、

西も北も財運に関係あり、

西は金運を呼び込む方角で
北は金運を守る(殖やす)方角
っと言う感じの
ニュアンスなのだとか。

なので、
買ってきた春財布は
北に保管します。

目につくのはいけないようなので

北側にあるタンスや机で
普段から開け閉めしない引き出しに
保管すると良いと思います。

ちなみに、

通帳とかも北側に保管すると
いいそうですよ。

そして、

春財布を寝かせる期間は
「9日間」と
よく言われています。

しかし、

その9日間である根拠が
書かれているサイトが
見つけられなくてですね、

そしてまた、

一週間~10日程度とか
長ければ長い程良いだとか
保管する期間には
いろいろ説があるようです。

なので、

僕としては
期間はもうあまり意識せず、

次から解説する
「下ろす日」を意識した方が
いいと思います。

スポンサードリンク

下ろす日は?

とはいってまあ
お金を入れて寝かせる期間は
1週間ぐらいは
気持ち的に欲しい所です。

春財布さんに、お金の感覚を
覚えて貰わないとダメですからね。

さて、

下ろす日に最適なのは
いわゆる「吉日」
っと言われている日です。

「天赦日」
天が何をしても赦して
(ゆるして)くれる大吉日

「寅の日」
寅は金運の象徴

「新月」
物事の始まりに向いている

「一粒万倍日」
1粒の価値が万になる

「巳の日」
財運の神様弁財天様の使いが
白ヘビである事から

「大安」
何をしても上手くいく吉日

このいずれかの吉日の中で

自分が良いと思った日に
下ろすといいようです。

良い日カレンダーとか
吉日カレンダーとかで検索して
これらの日を踏まえながら

下ろす日を決めて行きましょう。

迷う人への
アドバイスとしては

金運のみならず
「天赦日」が何をするにおいても
最も良い日と言われています。

そして、
金運を意識するなら「寅の日」

始まりを意識するなら「新月」

という感じですので、
どの日が良いか迷ったら
この中から選ぶと良いと思います。

そしてさらに気にする人は

「不成就日」という
何をしても上手くいかない日が
ありまして、

この不成就日と吉日が
重なっている事がありますので、
重なっていない日を
選ぶようにして下さいね。

またこれは賛否ありますが、

大安の逆である「仏滅」も
良くないとされていますので、

気になる人は注意して下さいね。

でまあ一応確認ですが

春財布を下ろす日とは
春財布を使って
初めて買い物で使用する日です。

使わなければ下ろす日とはいえず

買い物はしないけど
鞄に入れて持ち歩いた
みたいな程度では

下ろしたとは言えないので
ご注意くださいね。

おろし方は以上です。

という事でおろし方を
いろいろ書いてきましたが。

保管場所の方角は「北」

保管期間はお好み
(私的には最低1週間は
欲しいと思っています。)

そして下ろす日もお好み
となっていますが、

どうしても迷うなら
天赦日、寅の日、新月の
いずれかを選ぶと
良いと思います。

さらに気にする人は
不成就日とか仏滅を避けて
決めるという事でした。

まあいろいろありますが

正解は無いですし、
冒頭でもお話しした通り、

結局は気の持ちようで、

大事なのは、
「自分がしっくりくる事」ですので、
揺るぎない信念を持って
いろいろ決断して下さいね。

ではでは、

ここまで読んで頂き、
ありがとうございました。