2015年2016年と
スーパームーンやブルームーンで
わいわいやっとりますが、
2017年は・・・

スポンサードリンク

いやはや、ブルームーンは
「2016年5月22日(世界基準は21日)」
スーパームーンは
「2016年11月14日」と

両方の月をわいわい楽しめますが、

なんと2017年はもう
わーわー言ってられない状況に
なってしまっている的な。

スーパームーンとブルームーン2017年

月がグイグイ近づいてきたリ、
珍しい条件の満月さんに
我々は某ギャンブル漫画よりも
ザワザワとザワついておりましたが、

2016年の次の年、
2017年にはスーパームーンも
ブルームーンもありません!

さすがにお月さんとしても
「私を見て人間を興奮させるのは
ちょっと申し訳ないし、
2017年は落ち着こうよ人類」

という事を訴えていきたいのか、

はたまた2017年は
スーパームーンも
ブルームーンもない事から
「シャイムーンイヤー」と
言われているとかいないとかで、

「そっ、、そんなに注目しないで!」
っという月の性格を反映しているような
そんな展開にもなっているようです。

月のパワーを享受しようと、

財布をフリフリしていた人や
願い事をして楽しんでいた人は
2017年は休憩ですね。

次回のスーパームーンについては
スーパームーン2018

こちらに日付や時間をまとめておりますので、
どうぞご覧くださいませ。

スポンサードリンク

流星群がありまっせ

さてさて、
月による天体ショーはお休み

っと思いきや、

実は2017年には月食が見られますから
そこで楽しんで欲しいと思います。

詳しくはこちら
次回の部分月食2017

そしてまた、
ほぼ毎月「流星群」が
何かしらどこからか、
ふらっとふらついてくるようなので
チェックして行きたいと思います。

「しぶんぎ座流星群」
1月3日(火曜日)の23時頃

「こと座流星群」
4月22日(土曜日)の21時頃

「みずがめ座η流星群」
5月6日(土曜日)の10時頃
6日の夜明け前だと良いそうです。

「ペルセウス座流星群」
8月13日(日曜日)の4時頃
月明かりで見えにくい感じだそうです。

「オリオン座流星群」
10月21日(土曜日)の20時頃
月もなくよく見られる好条件のようです。

「しし座流星群」
11月18日(土曜日)の1時頃
わりと好条件のようです。

「ふたご座流星群」
12月14日(木曜日)の15時頃
昼間なので、14日の未明と15日の夜が見頃

っと流星群はこんな感じです。

特に10月のオリオン座と
11月のしし座は条件としても
時間としても良い感じのようですから、

星が流れるさまをマジマジ見つめると
楽しめるかと思います。

最後に

2017年は月に関するイベントは
月食以外には特にありませんので、
今回ご紹介した流星群を見上げて
楽しんで欲しいと思います。

「月ではなく星を楽しむ年」という感じ?

ってかシャイムーンイヤーて
まさか天文用語じゃあるまいし、
誰が呼び始めたのだろうか・・・