2017年のシャイさはどこへやら、2018年は新年早々にスーパームーンがやってきます。しかも、ブルームーンとも関係しているおまけ付きです。2018年、何かヤバい事が起こりそうな気がする。

スポンサードリンク

2016年は地球により近くなって来たのもつかの間、2017年は近づいてこずにその内面をシャイさを露見されていましたが、それもこの日の為のサプライズ的な事だったのでしょうか。なんともにくい演出、まさにエンターテイナーです。新年早々にでかい月が見れますよ。

次のスーパームーンは2018年1月2日!

他のサイトではスーパームーンは「2018年1月1日」と、元日にやってくるんです!みたいな事をおっしゃっていましたが、それは世界標準時間の話で、外国だと初日の出をみるやいなや、その日の夜の月はめっちゃでかいという展開です。

しかし、日本の時刻では「2018年1月2日」がスーパームーンとなっています。

まあグローバル社会なので、1月1日という元日の満月をスーパームーンとして世界基準で楽しむのも良いと思いますし、島国アイデンティティを尊重するために、1月2日の満月をスーパームーンとして楽しむのも良いと思います。

スポンサードリンク

最接近時間と満月になる時間は?

スーパームーンの見どころと言えば「地球に最接近する時間」と「満月になる時間」この2点がポイントになってきてるみたいな的な展開的な的な事になっている的な事なのです的な。

さて、2018年の1月2日の満月になる時間は「午前11時24分」です。まだ午前の段階でバリバリに明るいですが、まあ明るいうちに満月になっているという、某ヒャッハー系の漫画をモジらせてもらえば、「お前はもうなっている」みたいな感じです。

そして、最も見逃せないといっても過言ではない地球に最も近づく時間ですが、調べてもまだ出てこなかったので、わかり次第追記いたします。ご了承ください。

ちなみに、最接近する時間と満月になる時間が1時間以内だと「エクストリーム(エクストラ)スーパームーン」となるのですが、2018年のはそうではないようなので、少なくとも満月になる時間11時24分の1時間前後は、地球最接近の時間ではないという事が言えます。

ちなみに地球からの距離は「356570km」で、最近で最も近づいた2016年のスーパームーンに次いで、2番目に近い距離となっています。

新年早々、それだけでかいお月さんを眺めることができます。ひゃっはー

最後に

2016年の記事を書いた時と同様に、2018年も一部を○でごまかしてやっちゃいましたが、タイトルで答えを知っちゃうと面白くないもんね。っというスポーツマンシップに基づいてやっておりますゆえ、ご了承くださいませ。

ではでは、ここまで読んでくれてありがとうございました!