秋になると
一度は聞いた事のある
「中秋の名月」

しかしこれが

何がどうなのかと
ふと思いまして、

意味や由来などを
改めてひも解いて行き、

近年有名になった
スーパームーンとの違いも
調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

子供の頃なんかは
なんとなーく
「団子が食える日」

ぐらいに思っていましたが、

年齢を重ねるにつれて
その始まりとかに
興味を持るようになりまして、

自分も大人になったなと
ひしひしと感じています。

中秋の名月とは?

さてさて、
秋の涼しさに
少しノスタルジーに
なってしまいました。

さて、

中秋の名月とは
旧暦8月15日の月。

一言で言えば
もうこれ以上でも
以下でもないようです。

現在では、太陽を基準に
月日を数えていますが、

旧暦は、ざっくり言えば
月の満ち欠けで
月日を数えている感じで、

現在とは約1ヶ月の
誤差があります。

そんな旧暦の8月は
現在で言う所の
季節は「秋(9月)」になり、
(旧暦で秋は7~9月)

そして、

秋は空気が澄んでいて
月が綺麗に見える事から
秋頃の月は特に美しいとされ

秋の真ん中のである
8月の15日(十五夜)を
「中秋の名月」と
呼ぶようになったとか。

ちなみに、

「中秋の名月=満月」と
思いがちですが、

必ず満月になる訳ではなく、
むしろ違う事の方が
多いそうです。

意外ですよね。

スポンサードリンク

意味や由来

ではでは
「中秋」をもう少し
詳しく掘り下げていきます。

「中秋」の意味としては
先ほどと被りますが
旧暦8月15日を表します。

旧暦の秋では
7月を初秋
8月を仲秋
9月を晩秋と
それぞれ表していて、

「中」が「一か月の真ん中」
という意味で、
15日(十五夜)を指します。

なので

直訳(?)した場合
「仲秋の十五夜」
的な事になる感じです。

まあでも、

「中秋」は
旧暦8月15日のみを
指す単語だとかで、

もう一周して

中秋の名月
=旧暦8月15日の月
という意味です。

ここまでいろいろと

説明してきたこの苦労は
なんだったのか・・・

さて、

由来としては
十五夜の月を見て
楽しむ「望月」という
習慣があった
中国に由来するみたいです。

中国では古くから

美しい月を見てはもう
飲んでは騒いで
宴を開いていたそうです。

そしてその習慣が

日本へと入って来たのは
平安時代の頃。

遣唐使によって
入って来たとかで、

初めは貴族だけが
飲めや騒げの
催し物でしたが、

江戸時代には
一般の庶民にも
広まっていったそうです。

ちなみに、

中国では
「中秋節」として
今でもこの日を
盛大に祝うそうです。

スーパームーンとの違い

ではでは
近年話題になって
グイグイと市民権を得ている
この現象との違いを
説明したいと思ったのですが、

端的に表すのが
わりと難しいのです。

けれども

一言で
表してみるとすれば

中秋の名月と
スーパームーンの違いは
「日付か現象か」

って感じかと。

スーパームーンは
地球に接近してきた
状態での満月の日
という珍しい現象で

中秋の名月は
旧暦の8月15日と

地球への接近がどうたら
満月がどうたらとかは
全く関係なくて
ただ日付を表します。

なので、

そもそも比べるまでも無く
混乱するはずもないと
思ったり思わなかったり。

まあでも、

混乱を招いた原因は
2014年だと思います。

スーパームーンの日が
2014年9月9日
中秋の名月の日が
2014年9月8日と

とても近くて、

中秋の名月を
プレ・スーパームーンと
表していた事もあり、
混乱してしまったのかと
思いました。

しかしこれはもう
本当に偶然で、

たまたま
旧暦8月15日の次の日に
月が接近してきたというだけ

なので、
本来的には全く別物です。

まとめ

っと言う事で、
いろいろ書いて来ましたが、
最後にまとめていきます。

中秋の名月とは
旧暦での8月15日
という意味で、

中国の習慣が
日本へと入ってきた事に
由来しています

そして

スーパームーンとの違いは
日付か珍しい現象か

という感じで

中秋の名月は
地球への接近だとか
満月だとかは
全く関係ありません。

っとこんな感じです。

同じような事を
繰り返しているので

伝わったのか
伝わらなかったのかは
あなた次第・・・

みたいな内容に
なってしまいましたが、

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

PS
スーパームーンについて
もっと詳しく知りたい方は

下にスクロールして頂き、

ぜひとも関連記事を
見て行って下さいませ。