秋のイベント
といっても過言では無い
かもしれない

「中秋の名月」

しかし「仲秋」とも
表記する事があり、
混乱するので、

その違いを明確にし、

ついでに別名なども
調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

「昔からの風習」
と言うのは
得てして誤解も
生みやすいモノで、

正しく意味などを知らないと
チンプンカンプンに
なってしまいます。

中秋の名月と仲秋の違いは?

「中」と「仲」
にんべんがあるのかないのか

この1点の違いが

それぞれの意味に
どう影響しているのか

という事ですが、

まず「仲秋」は
8月を指しています。

現在のように
太陽の動きを元にして
暦ができているのではなく

昔は月の動きを元に
暦を形成していました。

それを旧暦といいます。

その旧暦では
1月、2月と数えていくのではなく、

季節を春夏秋冬の4つに分け
それぞれに「初、仲、晩」を付けて
表していました。

なので季節が秋ならば
初秋(7月)仲秋(8月)晩秋(9月)

という事でつまり、
仲秋は8月の事を指します。

いわば「秋」の真ん中であり、
8月全体という意味です。

そして

中秋は
旧暦の8月15日を表します。

「中」は真ん中という意味で
つまり「1ヶ月の真ん中」を指し、
それは15日を表しています。

なので8月の真ん中
という事になり、
中秋は8月15日を指します。

って事で、

中秋の名月と仲秋の違いは
一言でいうと「期間」

「仲秋」は8月の1ヶ月間を
表す事に対し、
「中秋」は旧暦8月15日だけを
表しています。

という感じです。

スポンサードリンク

中秋の名月の別名は?

さてお次は「またの名」という
少しカッコイイ響きな
事になっています。

では早速

中秋の名月の別名は
「芋名月」(いもめいげつ)

なんでもこの時期は
イモの収穫期という事で、
採ったばかりの芋

中でもそのフォルムが
白くて丸い事から

「サトイモ」(里いも)を
月に見立てた事に由来し、

別名が「芋名月」と
呼ばれるようになったとか。

ちなみに、

中秋の名月の由来である
本場の中国では
現在でもこの日に
サトイモ食べる習慣が
あるそうです。

またその他には

中秋の名月の別名
という訳では無いですが、

  • 15日の月なので
    「十五夜 (じゅうごや)」
  • 3×5=15から
    「三五の月 (さんごのつき)」

などといった、

中秋に限らず
月の別名もあります。

まとめ

という事で、
いろいろ書いて来ましたので、
最後にまとめて来たいと思います。

仲秋は8月を指し
中秋はさらに真ん中の15日を差す

なので
中秋の名月と仲秋の違いは
一言でいうと「期間」

という事でした。

でも今思うと
「仲秋の名月」なんて言うと
旧暦8月は
ずっと月が素晴らしい

みたいな事に
なってしまいますよね。

なのでやはり、
「中秋の名月」と表記するのが
正しいのかなと思いました。

そして

中秋の名月の別名は
「芋名月」(いもめいげつ)

この時期に収穫を迎える
サトイモの姿を
月に見立てた事から

このように
呼ばれるようになった

みたいな感じでした。

では、
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。