お月見の由来や意味

そして、
なぜうさぎが出てきたり、
月見団子と共に、
すすきを飾ったりするのか

などの疑問を
調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

十五夜や十三夜など
人生で一度は
聞いた事があると思います。

今回はそんな夜にまつわる話。

お月見の由来とか意味

中秋の名月とセットとも言える
この行事と言うか
習慣というか風習というか。

はてさて、

お月見は
中国の風習に由来します。

中国では昔から

貴族の間では
月を眺めて楽しみながら
飲んで騒ぐ

という事がされており、

農民の間では
芋の収穫を祝って
月に感謝する

という事がされていました。

その2つの事柄が合わさって
かつ日本スタイルへと

変化していったのが
現在のお月見だと
言われています。

なのでお月見には
見て楽しむ事と
収穫に感謝するという
2つの意味があるようです。

そしてまた日本では

お月見は
「米の豊作を祈った風習」
ともされています。

夏の作物の収穫を終えて、

次は田植えを行い
ひと段落ついたような
中秋の名月の時期に、

これから育っていく
米の豊作を月に願って
お月見が行われた

という事です。

そしてその際には
米を丸めて作った団子を
供えた事から

「月見だんご」が
始まったとされています。

スポンサードリンク

お月見とうさぎ

さてさて、
月にはウサギがいると
どこかで聞いた事が
あると思いますし、

その事は
月の影の部分(黒い部分)が
うさぎのように見えるから

というのも
聞いた事があると思います。

ですが、

月とうさぎには
昔から言い伝えだとか
伝説などもあるようでして、

その事もより密接に
関係しているようです。

なんでも、

中国神話に登場する
嫦娥(じょうが、こうが)
という人物が月に登り
うさぎに変身させられたとか

元々、月の象徴は
「菟(ヒキガエル)」でしたが、

その漢字である「菟」が

うさぎの漢字である
「兎」という字と間違えられて

月の象徴が
ヒキガエルからウサギへと
変わったという説

そして一番有名なのは
「インドのジャータカ神話」で

この神話に出てくる
うさぎときつねとさるの話が
よく語られています。

とまあ

「月とうさぎ」に関しては
本当に諸説あるのですが、

とどのつまり、

どれもこれも月の影の部分が
うさぎのように見えるからこそ
後付けで現れた話

って感じだと思います。

ちなみに
うさぎが餅つきをしているのは
日本だけの事で、

満月という意味の「望月」が
「餅つき」になったのだとか。

さらにちなみに、

中国では餅つきではなく
不老不死の薬を作っていると
考えられています。

先ほどちらっと話した

中国神話の嫦娥さんは
この不老不死の薬を飲んで、
月の登ったとされているようです。

お月見とすすき

ではお次は、
もはや定番となっている
茶色くて細長い植物と
月との関係ですが、

すすきを稲穂に見立てた事に
由来しているようです。

初めの方の話とも被ってきますが、

お月見は元々は
「芋の収穫祭」
という意味合いでしたが、

またそれとは別に、

「米の豊作を祈る」という
意味でもなされていました。

中秋の名月の時期には
まだ米は収穫できないので

稲穂の代わりに
すすきを備えたのが
始まりとされています。

そしてまた、

すすきを
「月の神様の依代」と
していただとか

お月見で飾ったすすきを
軒先に飾っておけば
病気をしないという事で
「魔よけ」とした

などなどの意味合いもあり、

月とすすきに関しても
これもいろいろありますが、

定説としては
「米の収穫を月に祈ったので
稲穂代わりにすすきを供えた」
という事が良く言われています。

まとめ

ではでは最後に
まとめて行きますが、

お月見は
中国の風習や習慣に由来し、

  • 月を見て楽しむ
  • 芋の収穫祭
  • 米の豊作を祈った

などなどの意味が
含まれていました。

そして

いろいろな言い伝えや伝説
神話なども由来に一部ですが

結局は月の影の部分が
うさぎに見えるからでしょ。

と言う結論。

そしてすすきは
稲穂に見立てて供えられた

みたいな感じです。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

PS
お月見は「中秋の名月」である
「十五夜」だけではなくて、

旧暦9月13日の
「十三夜」にも行われます。

十五夜か十三夜の
どちらか一方しか観ない事は
「片見月」となり、

縁起が悪いとされています。