特別な力が
宿っているとされる
スーパームーンや満月

願い事をするのは
良いそうなのですが、

実は月に向かって
財布をフリフリするの
NGなんだとか。

スポンサードリンク

スーパームーンは
占星術の用語だけに、

いわゆる
「スピリチュアル」的な情報も
付随してきますが、

その本質というか
正しい事を知ろうとせずに
表面的な部分だけを
なぞっているだけでは、

かえって逆効果になってしまう。

そんな感じの、
少し耳の痛いお話し。

・・かもしれません。

スーパームーンへの願い事はOK

そもそも何故「月」が
パワーを持っているのか?

これにはもちろん諸説ありますが、

月の引力が
海(潮)の満ち引きに
関係しているので、

現在のように

モーターが無い昔は
潮の流れを活かす必要がありました。

そんな訳で、
特に漁業が盛んだった地域では
月に対する関心(信仰)が
強かったそうです。

そしてまた、

太陽=男性性
月=女性性
というのを象徴していて、

日本民族の総氏神とされる
「天照大神(アマテラス)」は
女性神(とする説が主流)

つまり「天照大神=月の神」
と言えます。
(*「天照=太陽神」
とする説ももちろんあります)

この事から、

古来より日本は、
太陽よりも月への信仰の方が
盛だったんだとか。

そんな訳で、

「月=神」ですから、
月にはパワーがあると
されています。

このような背景もあり、

満月に近いほどその力を強めていき、
満月時はその力が最大に。

そして近年聞くようになった
「スーパームーン」には
さらに力があるとされています。

そんな訳で

「スーパームーンへ
願い事をすると叶う」
というのは、

感覚的には

「神社へのお参り」とも
言えるかと思います。

そして、
新月は「始まり」を意味し、
満月は「達成」や
「完了」を意味するそうです。

何か達成したい事がある時や
何かを始めたい時は
新月の方が適しているそうで、

満月に願うといいのは
「完了したい事」だとか
「達成への感謝」だそうです。

そしてこの「完了したい事」は

「手放したい事」という意味も
含まれているようで、

ネガティブな感情だとか、
自分の嫌な部分だったりを
手放す(捨てる)ように願えば
月のパワーを受けれるようです。

ちなみに、

月が見えないような、
雨だったり曇だったりでも
パワーがある事には変わりなく、

問題ないみたいですので、

「月が見えないから」
といっても諦めずに、
願い事をしてみて下さい。

また、まさかこんな人は
いないと思いますが、

誰かの不幸を願うような
悪い願い事は
かえって逆効果ですので、

自分の主体的な願いを
するようにしましょうとの事です。

スポンサードリンク

財布フリフリはNG?

という事で、
お次はまことしやかに
騒がれているこの行為に
ズバッとメスが入ってます。

先ほどの話にも関連してきますが、

月は信仰の対象であり、
神様の象徴でもあります。

そんな月(神様)の御前で
「財布をフリフリ」
なんてもう・・・だそうです。

もっと言うと

神様(月)にとってはあさましく
「滑稽」に見えるそうです。

このように、

「財布フリフリ」という行為は
神様に向かって「金をくれくれ」と
せがんでいる事と同じだそうで、

そんな「くれくれ君」は

力を貸してもらえずに、
月は微笑んでくれません。

社会(人間)でも
「あれやってくれ。
次はこれやってくれ。」
と人にお願いして頼んでばかりで

自分では何もしない人の為に
何かやってあげようと思いますか?
という事です。

しかし!
本当かどうかは別にして、

財布をフリフリして
臨時収入があったという人が
いる事も事実です。

なので結局の所は

「自分が信じるか信じないか」
って事だと思います。

まあ何はともあれ
自称専門家みたいな人には
気を付けて下さいね。

PS
金運もとい、
お財布に関しては
新月に使い始めると
良いそうです。

そしてまた、

財布を振る派と
振らない派の主張についても
まとめていますので、

詳しくはスクロールして頂き、
関連記事をお読みくださいませ。