「十五夜」
「十三夜」
「十日夜」
何となく聞いた事はあるけれど

その意味や違いなどは
知らなかったので

調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

お月見の風習は
中国から日本へと
入ってきたそうですが、

その文化が
日本独自に発展したのが
今回のお話です。

十五夜とは?意味など

さてまずはこちら。

十五夜とは
旧暦の8月15日の夜の事で
中秋の名月を指します。

旧暦のこの時期では
空気が澄んでいて
月が最も美しく見える時期と
されていました。

なので、

1年で最も月が綺麗にみえる時期
プラス、満月(に近い)日

すなわち

「一年で最も月が美しく見える日」
これが中秋の名月であり十五夜
というのを意味しています。

十三夜とは?意味など

そしてそして、

十三夜とは
読みは「じゅうさんや」で
旧暦9月13日の夜の事です。

「じゅうごや」よりも
スっと言えないこの
「じゅうさんや」という語呂というか
若干の発音のし難さよ。

さて、

月が一番美しい日から
約一か月後の満月(に近い日)

それがこの十三夜で、

つまり、
「1年で2番目に
月が美しく見える日」
これを意味しています。

十五夜と十三夜の違い

という事で、
綺麗なのは同じですが

十五夜と十三夜の違いは

1番目か2番目に美しい月

そして日付が
旧暦8月15日と
旧暦9月13日で

この2点が大きく違います。

さてさて、

十五夜(中秋の名月)に関しては
他のページでも書いてますので
(もっと詳しく知りたい人は
ページ下までスクロールして頂き、
関連記事へ)

そしてここからは
十五夜の次にポピュラーな
「十三夜」を
もう少し掘り下げていきます。

スポンサードリンク

十三夜の由来

十五夜のお月見は
中国から入ってきた
風習でしたが、

十三夜は
日本独自と言われています。

ではなぜそうなったのか?
そこが気になる所です。

その由来としては
諸説ありますが、

時の覇権を握っていた
「宇多法皇」が
9月13日の月を称賛した事が
始まりとされる説や

また、

中秋の名月の時期が
お盆の時期という事もあって、

1ヶ月時期をずらして、
月見を行った事が
始まりともいわれています。

が、

昔の貴族は
何かと理由を付けて
ただ飲みたい、
宴を開きたいだけだ

という見解を
してる人もいました(笑)

栗名月、豆名月などの別名

十五夜にも「芋名月」
と言う別名があるように、
十三夜にも別名があります。

栗名月
旧暦9月13日のこの時期に
栗が収穫される事から

豆名月
これも先ほどと同じで、
この時期に
豆が収穫される事から

後の月(のちのつき)
十五夜の次に愛でる事から

名残の月(なごりのつき)
年内で最後の名月である事から

このように

  • 栗名月
  • 豆名月
  • 後の月
  • 名残の月

といろいろあります。

また「裏名月」と
呼ばれる事もあるとか。

いろんな別名があって

なんかカッコイイと
思うのは僕だけですか?

十日夜で3月見

月メインで楽しむのが
十五夜と十三夜で

このどちらか一方しか
観ない事は「片目月」と呼び
縁起が悪いとされています。

そんな中で3月見という

上記の2日間に加えて、
3回月を見る事で「縁起が良い」と
されている事もあります。

その最後の日が「十日夜」

「とおかんや」とか
「とおかや」と読みます。

そして、

十日夜とは
旧暦10月10日に
行われる収穫祭

この時期は
稲刈りが終わった時期でもあり
こちらは月を見る事が
メインではありませんので、

3番目に美しい満月
という事でもありません。

でも、

十五夜、十三夜、十日夜の
3日間が晴れ、
お月見ができると縁起が良い

とされています。

この事から察するに

元々お月見は
貴族の間の事でしたが、

これらの言い伝えは
農民の間で伝承されてきた
モノだと思います。

最後に

という感じで、
いろいろと書いてきました。

要するに、
これらの夜空を3回見上げて
ハッピーな気持ちになろう!

みたいな感じです。

では、

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

PS
関連記事を読んで下さる方は
下までスクロールお願いします。